Google Adsenseに3記事で合格!! | Secret Port ~むつむらの小説~

Google Adsenseに3記事で合格!!

こんにちは。初めてこのサイトにお越しいただいた方が多いと思いますので、簡単にこのサイトについてご説明したいと思います。

このブログの運営者は私、むつむらです。

今年の1月末にブログをはじめようと思い、Xsevrerにて独自ドメインを取得しました。

このブログは私の書いた小説を公開することが目的だったので、今も主に小説を投稿しています。

ブログを書くのは初心者でしたので、Wordpressの使い方もわかりませんでした。

なのでたくさんのサイトを参考にWordpress の使い方を調べているうちにGoogle Adosenseについて知りました。

ここから本題に入りたいと思います。

Google Adsenseについて知ったのはいいものの、合格するにはたくさんのやるべきことがあるようでした。

そしてやるべきことについても、多種多様なものでした。

そこで私はとりあえずAdsenseに登録し、申請しようと思いました。1記事1000字程度の小説を3記事分書き、申請しました。

この段階ではブログのデザインについてもよくわかっていなかったので(今もあまりわかっていないのですが)ほとんど初期状態だったと思います。

通常1日程度で終わるといったような案内の画面が表示されていたので、待っていましたが返事は来ませんでした。

新しい記事を書くことなく2週間程度待っていましたが、返事は来ませんでした。その間ブログについても、Adsense についても調べていました。

記事数が足りないのかもしれないし、文字数が足りていないのかもしれない、内容が薄いのかもしれない、私のブログにはたくさんの問題点があるのではないかと思い、1度消して最初からやり直そうと思いました。

ブログを消して、デザインについても少し調べ、自分の好きなものを選び、小説の1話を投稿したときにAdsenseから不合格の連絡がすぐに来ました。

この段階ではもちろん記事が足りなかったので当然だなと思ったのですが、なぜこの時まで返事が来なかったのか今でも不思議です。

ここまで読んでいただければわかったと思いますが、私は1度審査に落ちています。結論から言うと2度目に審査に通りました。

1度不合格の通知が来てから、私はモチベーションが下がり投稿をしばらくの間しないでいました。

1話を投稿し、不合格の通知が来たのが2月10日で次に2話を投稿したのは2月26日だったので2週間ブログはいじっていませんでした。

その間Adsenseについて時間があるときに調べてはいました。しかし私のブログは小説ブログです。

参考になりそうなサイトは見つかりませんでした。そもそも小説ブログがAdsenseが通るのかわかりません。

そこで少し考えていましたが、そもそもの目的はAdsenseに通ることではなく、小説を読んでもらうことだったと思い出しました。(気づいたらAdsenseが目的になっていることに気づくまでこれだけの時間がかかりました。)

そしてAdsenseはいったん置いておいて、小説のクォリティを上げることに集中しました。

2月26日に2話を、3月3日に3話を投稿しました。

ちなみに小説の知名度を上げようと思い、カクヨムにも投稿し始めまています。

そして前回Adsenseに申し込んだ3話まで来たので、もう一度申請しました。

この時はそれほど期待はしていませんでした(前回2週間かかっているので)。3話の投稿が12時くらいだったのでそれから7時間くらいたったころ、Adsenseから合格の通知が届きました。

ついにAdsenseに合格しました。皆さん気になっていると思いますが、小説の内容については前回駄目だった時と大きく変えてはいません。ただ情景描写、登場人物の会話などはより細かくはしました。(前回大まかに書いていたのでより細かくかけるようになりました。)

今回合格した際の3記事です。興味があれば下のリンクから読んでみてください。

Secret Port1 ~シークレットポート~ 1話

Secret Port2 ~シークレットポート~ 2話

Secret Port3 ~シークレットポート~ 3話


結局1回目では何が足りなかったのかがわかりませんでしたが、2回目のほうが全体的なクォリティは上げられたと思います。何が必要で、何がいらないのかは調べるだけではわからず、やってみないとわからないことがたくさんあります。やった分だけクォリティは上がっていくと思うので、いろいろ試してみるといいと思います。この記事が参考になればうれしいです。

私もこれから小説もブログもより良いものにできるようにいろいろ試していきたいと思います。

  • mutsumura
  • Twitterアカウント @mutsumura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。